セキュリティUSBメモリ

セキュリティー

USBメモリ企業内でやりとりされるデータについては、現在ではネットワークなどを通じた方法がとられることがほとんどです。
ですが、今も管理の徹底が求められる個人データについては今もネットワークではなくUSBなど固定できるメディアに保存しておくこともよくあります。
そこで問題になるのがそうしたUSBメモリのセキュリティ設定です。
機能が高度化されてきているUSBメモリでは、相当小型化が進んでおりほんのちょっとした隙間があれば簡単に大容量のデータを持ちだすことができるようになっています。
そのため、外部に持ちだされる可能性のあるUSBメモリについては、特定のパソコンでなければデータを読み取ることができないようにしたり、パスワードを知らない人間には特定のファイルにアクセスできないようになっています。

セキュリティ機能付きのUSBメモリとしては各メーカーから同様の製品シリーズが販売されていますが、それらの基本的な機能として、パスワードロック機能や自動暗号化機能、ウイルスチェック機能といったものがついています。
そうした機能をつけることにより、USBメモリを盗難された場合やうっかり紛失をしたような場合でも、外部からデータを読み取ることができないようになっています。
セキュリティ機能付きのUSBメモリが防ぐことができるリスクとしては、盗難や紛失、置忘れといった物理的なものの他、データーが使用したパソコンを通じて外部ネットワークに流出してしまうということがあります。
ですがセキュリティがついたUSBメモリの場合、パソコン内で参照することは可能であってもその内容をディスクにコピーすることができないようになっています。
それらのセキュリティ機能はプリントスクリーンや反対にPCからのデータ移行にも対応しているので、1本でかなり厳重にデータを取り扱うことができます。

セキュリティUSB

そうしたセキュリティUSBをレンタルすることで、不測の事態による紛失が起きたときの補償や、故障時の交換に対応してもらうことができます。
またUSB内につけておくことで安全度がより強化されるウイルスソフトについても定期的に更新ができるものとなります。
自社内での管理ではどうしても認識不足などによる穴ができてしまうものですが、レンタル向けの製品を利用することで最新のセキュリティ機能をもった製品を使用することができます。