セキュリティ対策としてのレンタル

セキュリティ対策

企業で使用するパソコンでは、機能面以外にもセキュリティ面にも留意しておく必要があります。
パソコンの中にはかなりの情報量を記録することができるので、業務に使用していたパソコンを1台置き忘れてしまっただけでも企業にとっては大ダメージとなる漏洩が起きてしまう可能性があります。
最近では人材派遣で一時的に業務担当者を雇ったり、パートやアルバイトで人員を流動化させる企業も増えているので、その都度支給するパソコンを購入するとなるとかなりの手間となってしまいます。
社用のパソコンを使いまわすという方法もありますが、そでも一時的に増員が必要になった場合や、ハイスペックなPC環境に作業用のソフトを入れるときには少し困ったことが起きたりします。
一番危険なのが、長く使っていたノートパソコンを新しく入った臨時の職員に使用させてしまうことで、その職員が仕事から離れたときに情報を漏洩させてしまうといったケースです。
最近は情報漏えいに企業側が敏感になり、一般の意識はかなり高まってきていますが仕事の息抜きとばかりにP2Pのファイル共有ソフトを勝手にインストールしてしまう社員も完全にいなくなったわけではありません。

流動化する人員と廃棄パソコンの注意点

また、企業で使用していた古いパソコンを廃棄するときも注意が必要です。
パソコン廃棄をするときにはリサイクル料金を専門業者に支払って引き取りをしてもらわなくてはいけませんが、中には引き取ったパソコンのハードディスクをそのまま別のパソコンに流用させてしまう業者もあります。
市販の安いソフトの中にもハードディスクの中身を消去するものはありますが、ハードディスクの内容を完全に消すためには特殊な方法による上書きを何度も繰り返さなくてはならないため、安価なソフトで消去したデータは復元ソフトを使えば簡単にデータ復旧ができてしまいます。

そこで企業担当者の方におすすめをしたいのが、流動化する人員のためのパソコンをレンタルで揃えるという方法です。
パソコンをレンタルなんてしたらもっと情報漏えいの危険があると思ってしまうかもしれませんが、むしろ大勢の人の手に渡るレンタルだからこそ情報の管理については厳重なとりおこないがされています。
レンタル専門企業の中には、情報漏洩対策ソフトを搭載した高セキュリティモデルを用意してくれているところもあります。
便利なだけでなく、廃棄時のコスト削減もできてまさに一石二鳥なのがパソコンレンタルなのです。