空調設備

空調設備

空調室内設備の中でも比較的割高になっているのが空調の設備です。
空調設備の代表が夏場に大活躍するエアコンですが、他にもヒーターや空気清浄機など室内の空気環境をよくするための機器をまとめてレンタルすることもできます。
レンタルする場合でああっても、設置のときにはその建物内に必要な工事は行います。
設置を行ったあとに必要となる電気料や消耗品についてはその施設を管理する人側の負担になるので、基本的にはレンタルよりもリースに近い契約になることが多いようです。

ただし、最近は企業向けの機器・什器の多くをレンタルで調達するという方法が増加していることもあり、リース契約ではなくあくまでもレンタルとして取り扱うようにしてくれるという企業も増えています。
空調機器をリースまたはレンタルする場合にはそれぞれのメリットとデメリットがあるので、設置する施設の状況や期間によって使い分けをしていくようにしましょう。
空調機器をリースする場合のメリットとしては、初期費用がかからず、また使用に応じて機器が老朽化した場合にはその期間に応じて価格が安くなっていくということです。
ただしリース契約はきちんと契約期間中に支払いをすることができるかという審査が行われるので、新興企業などにはちょっと厳しいかもしれません。

レンタルの空調設備

一方でレンタルで空調機器を調達する場合には、審査は必要なく、また要らなくなったらすぐに解約をすることができるというメリットがあります。
その代わり万が一のときのための保証金を事前に支払わなくてはならないなどの制限がありますが、基本的には自由契約で、月額料金を支払うかぎりにおいて使用を続けていくことができます。
またリースの場合には使用中に故障がおきた場合には自費で修理をしなくてはならず、日常的なメンテナンスも自社内で行わなくてはなりません。
一方レンタルの場合は故障が起きたら契約期間内において無償で修理をしてもらうことができ、サービスによっては年1回程度のメンテナンスサービスを受けることができるようになっています。

リースの場合には基本的に新品を購入して借り入れするので好きな機器を選ぶことができます。
レンタルできる空調機器はそれに比べるとある程度は限られてきますが、業務用など用途に応じたおすすめの機器のなかから幅広く選べるようになっており、施設の広さや空気の様子によって適した大きさや機能のものを選ぶことができます。
料金もだいたい普通のオフィス向けの天井付けタイプで月額5000円~となっているので、それによって経費が圧迫されるということもありません。