業務用レンタカー

業務用レンターカー

社用車企業内の業務では、時に一時的に車両が必要になることもよくあります。
普段の社用車ならば普通の乗用車で十分でも、一時的に大きなバスや重量車が必要になることもあります。
そうしたときには法人として利用できる便利なレンタカーの利用がおすすめです。
通常のレンタカーの場合には、セダン車やBOXカーなど一般向けの乗用車が主になりますが法人向けの車両の場合には、トヨタのプロボックスバンやサクシードなど、荷物運搬などにも最適の車種を使用することができます。
さらに大きな車が必要な場合には、トヨタ・ハイエースや日産キャラバンなどといった車もレンタルすることができます。

少しめずらしい車種としては、10人以上を運ぶことができるマイクロバスや、福祉用の特別な仕様の改造車、さらに幼稚園バスなどといったものもあります。
別に免許が必要となるような大型車両もあるので、社内やスタッフの状況によって使い分けをしていくのがよいでしょう。

法人向けの車両

法人向けの車両というと、リースによる調達が一般的ですが、レンタルの場合はより短期的に必要な分だけを用意することができます。
一時的に仕事が集中して増員をしなくてはならない場合や、イベントや冠婚葬祭などで特殊な車両が必要になってしまうようなときにはレンタルの方がより簡単に調達ができますし、コスト面でも有利になります。
レンタルの場合には万が一の故障のときにも補償はレンタル会社の方で受けてもらえるので、レンタル期間さえきちんと決めておけば使い勝手の幅はかなり広がります。

必要な車両や貸出可能な車両については、それぞれのお店によって若干の差があるのでまずは法人向けのレンタルをしている会社へ連絡をして用途からおすすめとなる車種を提案してもらうのがよい方法です。
内容に納得がいけばもよりのレンタル会社に行けばその場で乗って帰ることができます。
返却はそれぞれの支店へ返却をすればよいですし、延長の手続きも簡単なのでぜひ一度利用をしてみてください。