冬には欠かせない加湿器

冬の乾燥対策の必需品

最近では、一家に一台どころか一部屋に一つの勢いで加湿器のニーズが高まっています。
冬の乾燥する時期には常時利用するのが当たり前になりました。
加湿器を用いて室内の湿度を高めることにより、インフルエンザ等のウイルスの活動を抑えたり、ハウスダストが飛ぶのを防いだり、静電気が起こるのを防いだりする効果があります。

また、最近は加湿のみを行うのではなく、空気洗浄を合わせて行うものも販売されています。
加湿器で得られるメリットにさらにニオイ対策やアレルギー対策、カビ対策を行ってくれるようになります。
加湿することによって、ウイルスの活動も弱まりますし、花粉やホコリ、ハウスダストも水分を含むことで浮遊せず床に落ちやすくなります。
空気清浄機能を併せ持つと、そのような空気中の汚れが床に落ちたものを吸い取って空気をきれいにする効果が得られ、現代人の多くが悩まされている花粉症やアレルギーの症状を軽減する効果があります。

また、これだけの機能がありながら電気代がほとんどかかりません。
一般的な加湿空気清浄機の場合、ほとんどが一日あたり1円程度の電気代で運転を行うことができるため、多くの家庭で用いられるようになったのです。
そのため、最近では加湿器のみでなく加湿空気清浄機を購入する人が増えています。

このように、空気の汚れをきれいにしてくれるだけでなく風邪やインフルエンザといったウイルスからも身を守る効果が得られるため、人の出入りの激しい会社では加湿空気清浄機を設置しているところも増えています。
また、においやハウスダストなどのアレルゲンに敏感な顧客や従業員がいた場合、多くの人が問題なく感じていても目や鼻に異変が出てしまう場合があります。
そういった人たちが、気持ち良く過ごせると会社への印象も良いものに変えることができます。

そして、職場内の空気環境を整えることで、ウイルスはもちろんアレルギーの原因にもなるハウスダストから職員の体を守ることにつながり、体調不良を予防することができます。
職員が体調を崩さず元気に過ごせると、ロスやミスも軽減されますから作業効率をアップルすことができます。
設置をすることで、職員や来客の会社への印象を良くすること、職員の体調管理、仕事の生産性アップ、設置することでこういったことへの配慮をしているというイメージアップにもつながるというメリットが得られます。
そのため、業務用の高価な加湿空気清浄機を購入しても、ランニングコストを含めても十分にコストパフォーマンスは高いと言えます。
しかし、設置するとなると業務用のものはサイズも大きいですし、複数台設置することになるためかなりの経費を必要とします。

レンタルすればメンテナンスも安心

そこでオススメなのがレンタルをするという方法です。
レンタルをすれば、月々にかかる経費も抑えられますし、フィルターのような消耗品の購入費やトラブルや故障時のサポート費用の支払いも必要ありません。

また、面倒なフィルター掃除や交換、空気清浄機内の洗浄といったメンテナンスも定期的にレンタル業者が行ってくれます。
月々の費用も抑えられ、メンテナンスやサポートも受けられるため、レンタルでの利用はとてもコストパフォーマンスの高い方法と言えオススメです。