アートフラワー

オフィスにインテリアや装飾品を置く

オフィスの環境整備というと、OA機器の設置やデスクやキャビネットといったビジネス家具の設置や配置場所についてのことを想像します。
しかし、それ以外にも職員や来客が気持ちよく過ごせる環境を整備することも意味します。
そのような環境整備の一つとして、インテリアや装飾品があります。

来客があるスペースは明るく綺麗な部屋の作りである方が相手に良い印象を与えます。
やはり、調度品や絵画が全く飾られていない部屋であったり、飾ってあってもそれがセンスに欠けるものであるとあまり良い印象を与えません。
また、あまりに貧相な作品が飾られていると、会社の経営についても心配をされてしまうことがあります。
そのようなことになると会社の印象が悪くなるとともに、仕事にも影響をきたします。

社内の職員にとっても外部の人にとっても印象の良し悪しを決めるものに、他には花があります。
常に美しい状態の生け花がされている会社は、やはり印象がとてもよくなるものです。
しかし、会社の乾燥した環境の中では生花を美しい状態で長持ちさせるのは大変難しいですし、その維持費もかなりの額になってしまいます。

また、美しくバランスよく生けるのはとても難しいですし、花器もたくさん用意が必要です。
そして、仕事が忙しい時期にはなかなか思うように花を生けたりメンテナンス作業をしたりするのに時間を割くことができず美しくない状態で放置してしまうことが出てきてしまうこともあります。

手入れの手間がかからないアートフラワー

そこで、最近注目されているのがアートフラワーと言われる造花です。
造花と聞くと、安っぽく見えないかとか手抜きがバレないかとかという不安をする人も多いものです。
しかし、最近の造花はとてもクオリティが上がっています。
初めてアートフラワーを見た人は、近寄ってよく見ないと生花か造花かの見分けがつかないほどハイクオリティのものが多いです。

造花ですからメンテナンス不要ですし、すでに生けた状態で販売されているため難しい花をバランスよく生ける作業も必要もなく、水も不要なため衛生的で常に美しい状態を保つことができます。
しかし、言い換えればずっと置いておけるため同じアートフラワーを飾り続けることになってしまいます。
同じものを飾り続けないために配置を変えてみたりしても、だんだんと代わり映えしない景色に職員も来客も気づいてしまうものです。

そこでオススメなのが、アートフラワーのレンタルです。
レンタル契約をすれば決まったローテーションで新しいものと入れ替えてくれます。
季節に応じたアートフラワーを用意してくれたり、アレンジメントや花の色やテイストの違うものを用意してくれ、印象が変わるよう配慮もしてくれます。
花のために人員を割くことなく好印象を与えられる職場環境を作ることができるため、アートフラワーはとても効率的なレンタル用品といえます。