アートのレンタル

アートレンタルって?

オフィス向けのレンタル備品としておすすめしたいものの一つとして「絵画・アート」があります。
絵画やアート作品というと、美術館や専門の展示会などでしか見ることのできないものというイメージがありますが、優れた美術作品は身近においておくことで室内の雰囲気を変えてくれる便利な品物でもあります。

日本においては美術品は投資の対象というふうに思われることが多く、あまり社内に置く品物としては好まれない傾向にありました。
ですが欧米の企業などにおいてはむしろ室内にアート作品を置くのは当たり前のことにもなっており、積極的に行うことでまた他社とは違ったセンスを訪問客にアピールすることができます。

ただ絵画作品というのは自社で購入するとなるとかなり高額の費用がかかってしまったり、室内のインテリアに合わせるためのセンスが必要になってきたりします。
希望するアート作品の金額が折り合わなかったり、金額を優先するとどうしても室内の雰囲気に合わなかったりといった問題が起きることもあります。
そうしたときに便利なのが、アート作品や絵画をレンタルできるというサービスです。

室内に飾るアート作品であっても、購入をするときには会社の財産となるため経費としてあげるときにまた不利な取り扱いになってしまうこともあります。
そんなときレンタルとしての利用であればやすい費用で必要なときにだけ社内に置くことができるというわけです。

また模様替えをしたいというときなどに定期的に絵画を入れ替えればよい社内の気分転換になります。

レンタルで調達できるアート作品

レンタルで調達できる絵画やアート作品には、かなりの有名作家の作品も数多く含まれています。
レンタルを取り扱う企業によってまた取り扱われる作家の種類に違いはありますが、ほとんどのレンタル企業では美術に詳しい人でなくても名前くらいは知っているような有名な作家の作品がラインナップになっています。

作品には作家直筆のサインがしてあったり限定部数でのレンタルであったりというような保障もあるので、社内の格式を損ねることはありません。
絵画やアート作品の展示としては、カラー版のポスターなど安価なコピーを使用することもできますが、やはり直筆の作品が置かれているとその場の迫力が大きく違ってきます。

特に海外との取引を行っているような企業においては、アート作品をどのように配置しているかということもひとつの会社評価のポイントになってきますので、ぜひ利用をしてみることをおすすめします。