オフィスをまるごとレンタル

オフィスごとレンタル

企業向けレンタルという業務が注目されるようになってきたのは、オフィスレンタルやバーチャルオフィスのような個人や小規模事業者向けのレンタルサービスが社会的認知度を高めてきたからでもあります。
株式会社の設立基準が緩和されて依頼、若手起業家が数多く新しく起業をしていきましたが初期の設備投資に十分なお金がかけられないことで早々に撤退をしてしまったという悲しい例もたくさんあります。

起業をするときには、従来まででは会社店舗のための場所を用意し、中にデスク、チェア、電話、FAX、コピー機、パソコンを最低限揃えておくことが必要でした。
一人起業という人の場合には自宅をSOHOとして使用する方法もあります。
しかし、個人のプライバシーの問題や十分な広さの確保が難しい場合などにはそれもよい方法とはいえず、やはりよいサービスやアイディアがあっても最初にある程度の現金資産を持っていないと企業としては成り立たないという図式ができていました。

そんなときレンタルオフィスを利用すれば、月々の費用負担を抑えて事務所として使用することができます。
レンタルオフィスとは、ビル内の一室を壁またはパーテーションで仕切り、ワンデスク・ワンチェアの空間のみを会社の場所として利用できるようにした仕組みの事です。
電話の転送サービスやコピー・FAX利用ができるオプションなどもあり、共有の会議室を時間割でレンタルして商談に使うこともできるようになっています。

バーチャルオフィス

さらにバーチャルオフィスという方式では、実際にその場所で仕事をしなくても、場所のみを会社の場所として利用できるようになっており、名刺やインターネットなどでの場所記載に利用をすることができるようになっています。
バーチャルオフィスでは電話番としてコールセンターがあり、本人宛に電話があったときに連絡をしてくれるようなオプションがあったりします。

参考サイト:オフィス・会議室のレンタル「Resus」

レンタルオフィスの場所は全国の主要都市の多くにありますが、中でも都内や大阪など人口の多い都市圏には数多くのレンタルオフィス企業が存在しています。
レンタルオフィスでは、スペースそのものは決して広いわけではなくても、とても内装がキレイに整えられており、かなり快適に仕事ができる環境が整えられています。

また、共有の休憩所などで同じような若手起業家と接触をすることができるので、お互いに仕事をするときの参考にしたり、協力関係を作っていったりすることもできます。