展示会のブースデザインの発注方法

ブースデザインについて

自社の販路を拡大するためには、同業者などが多く集まる展示会に出席してみるのがよい方法です。

展示会は東京ビッグサイトを始めとし、全国各地で開催されているので定期的に出展することで立ち寄ってくれる人や企業とのつながりを作っていくことができます。

ですがせっかく出展をするのに、目立たないブースでは他の有名企業のブースに埋もれて効果的に人集めをすることができないということもあります。

展示会の出展をするときには、ほとんどの会場で簡単設営具を用意してくれますが、そのような簡易設営では高い出展料を出すほどの効果はあまり期待できません。

小さなコマ数であっても効果的な出展ブースにするには、思い切って自社らしい設営デザインをする必要があります。

展示会のブースデザインは専門にデザインプランニングを行なっている業者も多数いるので、それらの中から経営者の趣味や出展コンセプトにあったものを選んで利用をしていけばよいでしょう。

ブースデザインを依頼する場合

ブースデザインを受けてくれる企業の例としては、まずイベント運営企業として営業をしているところなら間違いなく受けてくれるでしょう。

イベント運営企業の場合、まずそのブースでやりたいことや集めたい客層などを相談の上、そのコンセプトにあったデザインやイベントを提案していくことになります。

自社内に企画運営ができる課がないという企業なら、イベントに関してはまるごとお願いをするというのがよい方法かもしれません。

反対に自社である程度やれることが固まっているけれども、ブースのデザインだけができないとう場合にはインテリアデザイナーがいる設計事務所にお願いするとよいでしょう。

特に店舗のデザインやオフィスデザインを手がけているBtoBの企業であればブースに関してもかなり意見を取り入れたものを作ってもらえる可能性が高くなります。

 

ブースデザインは通常設計会社の方で3Dソフトなどを使用して制作します。

そのため、実際に制作される前から全体のイメージがつかみにくかったり、出来上がってから「こうじゃないのに」というミスマッチを起こさなくてもすみます。

デザイン事務所を選ぶときには、有名デザイナーがいたり、料金が格安であったりというところも魅力的ですが、何よりこまめに連絡がとれてきちんと対応してくれるところであるかが重要です。

ただデザインは企業担当者との相性もあるので、最初はいくつか見積もりなどをとってお願いするところを決めていくようにしましょう。