LED照明で省エネを

省エネ対策

LEDライト震災の影響から、オフィス内でも節電に対する意識は高まってきています。
オフィスでは仕事をしていく必要性からほぼ一両日中電灯が付けられていることがほとんどですが、それが年間数百日となるとかなりの電気料金として積み上がってきてしまいます。

一般的に家庭用電灯として使用されているのは白熱電球ですが、これは大変電気効率の悪いものでもあります。
そのため、節電意識の高い企業においては従来のような白熱電球を、LED電球や電球形蛍光灯に設備変更することで、ランニングコストを下げることを考える企業が増えてきてします。

白熱電球はひとつあたりの料金が少ないこともあって、ついついそのまま使い続けてしまいたくなるものですが、長期的な視点で見ると白熱電球は他の新しい電球に比べて寿命が短く、また使用中にまたたきなど安定しない明るさ供給となってしまったりします。

そのため、仕事効率を上げるとともに従業員の目の健康をまもるためにもLEDなど新しい電球への変更が広く推奨されています。

一般的な価格として比較をした場合、従来のような白熱電球の場合には替えの電球を購入しても数十円程度で済んでいたのに対し、LED電球は安くても数百円、高いものでは1000円を超えるというようなこともあります。
そのため、「LEDはいい」というような評判を聞いて小売店などに出向いた人であってもその価格を見て驚きついつい安い方の電球を購入してしまうというようなこともよくあります。

ですがここで気をつけてもらいたいのが、電球そのものの購入価格ではなく、それを明かりとして使用するための電気料の比較です。

LEDの効果

一般的な家庭用電灯が60ワット相当だとして、年間に明かりとして使用していた電気料金が約2400円程度になるとします。
そこへほぼ同じ仕様条件としてLED電球を用いた場合、その電気料金はなんと440円程度にまで下がるという試算結果がでています。

電球は白熱球の場合寿命は約1000時間として計算すると、最初の1年はトータルとしてほとんど変わらない数字になるものの、それが二年目以降になるとLED電球の方がはるかにトータルコスト的に安くなっていきます。

極端な例ではありますが、同じ状況で比較をすると10年あとには約2万円もの差額がつくという比較もでており、LED電球を使用するメリットはかなり大きいものといえます。
ましてオフィス内では家庭用に比べてかなり長時間、多くの電灯を使用することにもなるので、思い切って入れ替えてみるというのもコスト削減の一貫として役立ちます。